一般社団法人MaruLabo

MaruLaboは、ディープラーニングに興味を持つ学生に、無償でディープラーニングの開発・学習環境を提供する、バーチャルな研究室です。実際的なディープラーニングの開発・学習に必須の高速なGPU環境の提供を一つの特徴としています。計算資源は、企業・個人からの寄贈によるものです。現在は、NVIDIAさん、ASKさん、さくらインターネットさんによって提供されています。

 

丸山事務所(マルレク)

変化の激しいITの世界で、丸山不二夫が重要と考えるトピックについて、ベンダーフリーな立場から、できるだけ新しい情報を、できるだけ分かり易く、できるだけ多くの方に、伝えていこうと思います。

日本のIT業界が、日本の元気を牽引するようになればいいと思っています。

「マルレク2018-2019」について

New (2018/3/28)

2018年度 マルレク (丸山不二夫レクチャーシリーズ)

2018年度の「マルレク2018-2019」は、「Post Deep Learning時代の人工知能技術を展望する」をメインテーマとして5月22日(火)に第一回を開催、年間7回の開催を予定いたします。

今回のメイン・テーマは、「Post Deep Learning時代の人工知能技術を展望する」ですが、サブ・テーマとして、「科学と技術のイノベーションの接点を探る」を設定したいと考えています。

このサブ・テーマで、ITの世界の将来展望と深く結びつき、またIT技術者の関心が高いのは、「量子コンピューティング」をめぐるトピックスだと思います。このトピックスも、「マルレク 2018」では、積極的に取り上げて行きたいと思っています。

「マルレク2018-2019」について
開催趣旨はこちらから。
ご案内はこちらから。
開催概要は こちらから

協賛について

MaruLabo/マルレクでは活動を支援していただく協賛会員を募集しています。

詳しくはこちらをご覧ください。